離婚調停.com -流れ・費用・慰謝料・養育費など-

△ トップページへ戻る

離婚調停に関する情報をご紹介

離婚調停とは

離婚には、協議離婚、調停離婚、審判離婚、裁判離婚の種類があります。 離婚全体の中で、協議離婚をする人が90%です。次に多いのが調停離婚で、約9%です。
協議離婚は、夫婦間の合意があれば特別な理由は必要ありませんし、裁判所へ出頭することもありません。 話し合いさえまとまれば、離婚届を役所へ提出するだけで、離婚することができます。 面倒な手続きがいらず、費用も特にかからず、手軽にスピーディーに離婚ができますが、話し合いがうまく できなかったり、一方が話し合いに応じなかったり、また決着が付かないこともありますし、きちんとした 交渉がないままに勝手に離婚届を出されてしまう恐れもあります。

そこで、協議離婚でまとまらない場合に行われるのが調停離婚です。

調停離婚は、家庭裁判所で行います。どちらか一方が裁判所に調停を申し立てる必要があります。 この場合も離婚理由は必要ありません。順序は、協議離婚をしてから裁判離婚となります。 離婚をする時に、いきなり裁判をすることはできず、必ず調停離婚を経てからになります。 離婚は個人のプライバシーに関することなので、裁判よりも、非公開の調停室で夫婦間の話し合いがもてる ほうが好ましいだろうという、調停前置主義の考えからです。
調停が無事終了すると、調停調書が作成されます。その後役所に離婚届を提出すれば、離婚できます。 調停調書は、確定判決と同様の効力がありますので、金銭面などの取り決めがある場合、調停できちんと 話し合って解決しておくと、大変心強いでしょう。

調停は、調停委員らが間に入って、冷静に話し合いをするものです。 第三者を交えることで、客観的な判断ができるというものです。 もし一方がまったく話し合いに応じてくれなかったり、話にならない場合に、調停は有効な手段です。





▲このページの上部へ