離婚調停.com -流れ・費用・慰謝料・養育費など-

△ トップページへ戻る

離婚調停に関する情報をご紹介

離婚調停のメリット

調停で行う離婚には、協議離婚や裁判離婚に比べて、さまざまなメリットがあります。 調停はなんとなく大変そうだと思われるかもしれませんが、最近では調停のメリットをわかった上で、 あえてもっとも多くの人がする協議離婚ではなく調停離婚をされるという人もいるそうです。

まず、協議離婚よりは少し時間がかかりますが、裁判に比べるとずいぶん手軽です。 手続きはごく簡単で、弁護士に頼まなくても自分ですることも可能ですし、費用も安く済みます。 また、話し合いがうまくいかない場合、調停委員が双方の話を聞いて、間に入ってうまくまとめてくれます。 第三者がいることで、感情的にならず、冷静に話し合いができますし、どちらか一方に偏った条件で離婚してしまう といった心配がありません。もしも、離婚したい理由が相手の暴力などによる場合は、相手に会いたくないといった場合も あるでしょうが、調停では相手と直接顔を合わせずに、調停委員を通じての話し合いができるのも利点です。 さらに、慰謝料や養育費、財産分与といった金銭的な話についても、あわせて取り決めておくことができます。 調停で決まったことについては、調停調書が作成されます。これは法的な強制力がありますので、後々に不払いで 泣き寝入りするといったことも、心配せずにすみます。調停調書には、支払い額、支払い日、支払い方法などを記載して もらうことができます。このような強制力のある書類を協議離婚で作成しようとすると、公正証書費用として数万円ほど かかってしまいますので、金銭面できちんと取り決めしたい場合には、調停のほうが費用がかからないといえます。 なお、調停をしていても、取り下げることもできます。取り下げて協議離婚にするのも自由です。 逆に調停でまとまらない場合には、裁判にすることもあります。





▲このページの上部へ