離婚調停.com -流れ・費用・慰謝料・養育費など-

△ トップページへ戻る

離婚調停に関する情報をご紹介

調停について

調停は具体的にどのように始まり、進むのかについて、まとめます。

まず、家庭裁判所の受付に行くと、控え室に案内されます。 申立人と相手方は別々の控え室で、顔をあわせることはありません。 それぞれ控え室で、家事調停室に呼ばれるのを待ちます。

家事調停室は、テーブルと椅子があるだけの小さい部屋で、調停委員が男女1人ずついます。 調停委員は、2回目以降も同じ人が担当です。 調停委員は他に仕事をしていたり定年退職した人たちで、豊富な知識や経験を持つ民間人の中から 選ばれた、40歳から70歳の非常勤の国家公務員です。

調停は裁判と違って非公開で、プライバシーが守られます。 先に申立人が呼ばれ、これまでの経緯などを聞かれます、一通り終わると控え室に戻ります。 次に相手方が呼ばれ、申立人の話に間違いはないかなどを確認されます。

これの繰り返しで、申立人と相手方が交代で入室し、調停委員を通して言い分や条件を話し合います。 調停は裁判のように法律に基づいて判断するのではなく、話し合いで解決しようとするものです。 調停委員が、双方が納得して解決できるようアドバイスをしてくれますが、調停委員が何らかの判決を下すわけではありません。 調停とは、あくまでも当事者の歩み寄りと双方の合意によるもので、双方の合意があるまで終了しません。 申立人と相手方の希望があった場合などは同席することもありますが、基本的には最後まで同席することはありません。 一回の調停で、大体1時間から3時間くらいかかります。

最後に、調停委員と申立人、相手方の都合をすり合わせて次回の調停の期日を決めます。 2回目以降は期日が郵便で知らされることがないので、この時に控えておかねばなりません。 次の期日が決まるのは早くて1ヶ月後くらい、年末年始やお盆などにかかると3ヶ月ほど後になることもあります。





▲このページの上部へ